闇金の中に偽装質屋

ヤミ金を立ち上げるのは、反社会的勢力かその関係がある人が多いです。

 

他にヤミ金の種類はあるのですが、なぜ偽装質屋なのでしょうか。

 

まず、質屋ならではの特殊な法律が挙げられます。通常の貸金業としてのヤミ金をする上で立ちはだかるのが、利息制限法の法律です。

 

利息制限法では、最高でも年20%が上限金利に設定されています。これ以上の金利でお金を貸していると、それは法律違反となります。

 

しかし、貸金業としてではなく質屋としてヤミ金をする場合、管轄する法律は利息制限法ではなく質屋営業法。質屋営業法では、質草の管理コストなどの都合から、上限金利を年109.5%にまで設定することが認められています。

 

これならば、適法な金利で貸し付けていても結構儲かりますね。

 

もう一つ、お金を借りた人から感謝されるということも重要です。

 

偽装質屋でお金を借りる人は、他でお金を借りられなくて駆け込む人が少なくありません。そんな人たちにとって偽装質屋は、まさに「地獄に仏」です。

 

感謝されるとともに、偽装質屋は彼らにとってなくてはならない手段となります。偽装質屋をヤミ金だと知っていたとしても、訴えてお金が借りられなくなるのは困ります。よって、偽装質屋を訴える人もあまりいないのです。

 

しかし違法であることには変わりないので、トラブルを避けるためにも闇金対策をしっかりと行っておきましょう。